2014年02月26日

藻類マニュアルの公開


今年度あと少しで終了する環境研究総合推進費の課題での成果として、
「河川付着藻類を用いた農薬の毒性試験マニュアル」
が公開されました。
http://www.niaes.affrc.go.jp/techdoc/algae/index.html

これまで、農薬による環境リスクの大きさを評価するために、
種の感受性分布(SSD)を用いて、多種類の毒性データを解析してきました。

除草剤の場合は植物に毒性が特異的に高いので、
藻類など一次生産者の毒性データを揃える必要があります。
そこで、SSD解析のための標準データセットを用意することにしました。
河川付着藻類群集を代表させる試験生物種として、
日本の河川生態系に幅広く分布し、
実際の種構成を反映するように付着藻類5種を選定しました。



また、従来の試験法はプランクトン性の藻類に適合したもので、
付着藻類への適用が困難でした。
そこで、新たに付着藻類向けの効率的な試験法を開発することにしました。
もちろん付着藻類だけでは無く現在標準的に用いられている
緑藻Pseudokirchneriella subcapitataにも
効率的な試験法として使えます。

この新たな試験法の詳細について、
わかりやすいマニュアルを作成して公開しました。
希望者には印刷物も配布しています。
貰って嬉しいものにすべく見栄えにも多少気を遣いました。



特徴としては、単なる試験マニュアルに留まらないことです。

濃度反応関係の統計解析のためのソフトとしてRExcelを活用し、
そのための計算ファイルをダウンロードして活用できるようにしました。
当然従来の試験結果の解析にも使って頂けます。

さらに、5種の藻類の毒性試験結果から、
SSDを解析するためのExcelファイルもダウンロードできます。

ついでなので色々なデータも付録に載せてみました。

このような論文以外の目に見える成果も
今後は出していきたいですね。

posted by shimana7 at 22:26| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

実験画像の管理


論文に使う実験画像についての話題が最近結構出ていますが、
ほとんどが
・若手への倫理教育(なぜ若手だけ?)
・画像捏造のテクニックとその見分け方
みたいな話に終始していて、
そもそも実験画像をどのように管理するか?
という議論がほとんど出てこないことには違和感を持ちます。


先月某民間のラボを訪問した時のことですが、
実験結果としてのデジタル画像の扱いに関する話がでました。

大学や公的研究機関では、実験画像をどう管理するか?
みたいな話はあまり聞きませんが、
特にGLP試験では厳密な管理が求められます。

基本的にデジタル画像は改変可能であるので、
フィルムを使うことが原則である、というのです。



個人のサイトですが、
http://www.it-asso.com/gxp/notice.htm
GLP試験における、デジタルカメラの取扱いに関する記載があります。
以下引用
-----
GLP試験におけるデジタルカメラの使用は、2001年の第7回GLP研修会における Q&Aに見られるように、議論がありました。 その後、2007年の第13回GLP研修会において、 近年の技術革新を反映した見解が示されました。 以下に、両GLP研修会における当局の見解を紹介します。

第7回GLP研修会
デジタルカメラで撮影した画像データは、パソコンでの編集が可能であり、 しかも加工したかどうかを判別することが困難である。 ゆえに、生データと定義するのは現在のところ難しいと考える。 そのようなデータを最終報告書に使用することは避けるべきであり、 生データである普通のカメラで写したネガ又はポジから起こした写真を 使用していただきたい。

第13回GLP研修会
写真が使用される項目としては、病理関係、眼検査関係及び刺激試験関係と思われる。 多くの施設においては、これらの試験では所見用紙が生データと定義されており、 写真は参考資料の位置づけとされている。 したがって、デジタルカメラによって撮影される画像データも同様に、 参考資料という位置づけになるものと考えられる。 しかしながら、参考資料であっても、施設毎に、 デジタルカメラの使用目的や使用範囲を明確にし、 手順及び記録を充実させた上で、教育を適切に実施する必要がある。 すなわち、適切に教育された職員により、手順に従い実施された一連の操作履歴を残し、 プロセスの妥当性を示すこと等により、デジタルカメラ画像データの信頼性 (特に非改竄性)を保証しておく必要がある。
-----



ただし、時代的に考えて、
今後永遠にフィルムを使うというのはさすがに無理があるとも思えます。



独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
GLP適合性調査について
http://www.pmda.go.jp/operations/shonin/outline/shinrai/file/h25glp/glp06.pdf
に「デジタル画像を「生データ」として利用することについて」という記載があります。

以下引用
-----
デジタル画像を生データとする際の注意事項

・撮影画像の改ざん防止策がとられていること。

・法令で定められている期間、以下の対応がとられていること。@読み取り機器が動くこと。A保存媒体を読み取ることができること。Bデータを読み取れるソフトウエアが残っていること。

・当該データの撮影者、ファイル識別、撮影日時等、GLPが求めている生データとして要求される情報を何らかの方法で記録すること。

・バックアップを作成する場合は、その定義をSOPで明確にすること。

・コントラスト、拡大/縮小等のデータ加工を行う場合、その加工手順がSOPなどで明確化され、記録されていること。ただし、元の画像データは生データとして残すこと。
-----



つまり、適切な管理体制が取れない場合には
デジタル画像を使用せずにやはりフィルムを使うべきということになります。

と、ここで、「生データ」という表現がいくつか出てくるのに気付きます。
GLPなどに関わりのない研究者は
「生データ」とはなにか?
についてあまり深く考えたことがないかもしれません。
GLPではこの辺は結構面倒なんですね。



株式会社イーコンプライアンス
http://ecompliance.co.jp/merumaga/eCompliance_Tsushin_39.pdf
「電子生データの留意点」という項目があります。

以下引用
-----
“ 生データ” とは、実験室内のワークシート記録書、覚え書き、注意書き、またはその正確なコピーをいい、これは非臨床試験の原観察結果およびその業務についての成績であり、この試験の報告の再構成および評価のために必要である。生データの正確な転写( 例えば、そのまま転写され、日付をつけ、署名によって正確であると確認されたテープ) が用意された場合には、その正確なコピーまたは正確な転写を生データとしてもとの資料と置き換えることができる。生データは写真、マイクロフィルムまたはマイクロフィッシュ、コンピュータ記録、観集結果を口述した磁気記録および自動装置から記録されたデータでもさしつかえない。
----



画像の生データの適切な管理体制とはいったいどうすればよいのでしょうか?
先のラボ訪問の時に聞いた話では、
カメラがつながっているパソコンで実験画像を取り込んだ際に、
強制的にその画像が一元管理されたサーバに転送される仕組みになっており、
そのサーバで画像の生データは保存され、
実験者はその生データにはアクセスすることができない、
という仕組みがあるそうです。

これなら確かに実験者が画像を改変・捏造しても
生データは確実に残ってチェックが容易です。



研究結果として画像を出す場合には、
「見やすさの改善」のために、
いろいろ画像を処理・改変することは当然のようにあると思います。
論文などであればwebのみに掲載されるAppendixなどに
厳密に定義された「生データ」も掲載するとか、
いろいろな管理方法があるかもしれません。

GLPの精神とはプロセスチェック
(適切なプロセスで得られた試験結果は適切である)
であって、
ファイナルチェック(最終製品の検査)に依存しないという考え方です。
出版された論文の画像のチェック(捏造がないかどうか)
だけに頼るというのは、
全頭検査・全品検査一直線のロジックですね。


posted by shimana7 at 00:02| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

講演情報:農業環境インベントリー研究会


私にとっては今年度のラストイベントになるかと思いますが。。。

2014年2月27日
第4回 農業環境インベントリー研究会
農薬等化学物質のリスク評価を効率的に行うためのインベントリーの構築
http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/sympo/h25/20140227.html?0121

私の講演は一番最後で、
「農薬インベントリーを構成する様々なデータベースの構築と生態リスク評価への活用」
というタイトルで、農薬環境科学とデータサイエンスについて真面目に語ります。

データを整備して活用可能なツールを作ったりするところに
最近非常に興味を持っており、
当面のビジョンがだいぶ見えてきたところなので、
そこを明確に示したいところです。



なんとなんと同じ日の同時間帯、同じつくばにて
あの中西準子さんの講演が重なるという事態になっています。

産総研 中西 準子 フェローの瑞宝重光章 受章記念講演会
日時: 2014年2月27日 17:10〜18:10
場所: 産業技術総合研究所 つくばセンター中央 共用講堂
http://www.aist-riss.jp/main/modules/event/content0114.html

私の講演が終わるのが17:00位、
エポカルから産総研まで車で10分くらいなので、
そのあとで駆け込んでもなんとかなりますよ?!
posted by shimana7 at 22:48| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

RNAiのリスク評価?


私、全く疎いのですが、気になる記事がありました。

RNAi White Paper Published in Advance of January 28 Scientific Advisory Panel Meeting
http://www.epa.gov/oppfead1/cb/csb_page/updates/2014/rnai-whitepaper.html

米国環境保護庁が
RNAi Technology as a Pesticide: Problem Formulation for Human Health and Ecological Risk Assessment
「農薬としてのRNA干渉:ヒト健康と生態リスク評価の問題設定」
なる白書を公表したというものです。

RNA干渉を応用した農薬(非GM利用)の開発が進みつつあるようです。

なるほど、少し検索しただけでも日本でもいろいろ研究があるようです。
↓これとか、
RNA を用いた非GM 型新奇害虫防除法
http://www.jst.go.jp/a-step/seeds/list-e/pdf/h23/AS231Z00228E.pdf

↓これとか。
農薬や抗生物質を用いない安全な養蜂生産物の生産と環境保全型養蜂様式の確立に関する研究
http://www.nakashima-foundation.org/kieikai/pdf/21/05.pdf


まあ当然、新規の技術には新規のリスクがあるわけで、、、
日本でだれかリスク評価の部分までカバーしている人いますかね???

きちんと読んだわけでは無いですが、EPAの白書では、
基本的には従来の微生物農薬のリスク評価のフレームワークが応用可能、
といったことが書かれているようですが。
posted by shimana7 at 23:59| リスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

謹賀新年


遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
新年早々ですが、私は今ベルギーに来ています。
ゲント大学の研究者との打ち合わせのためです。
ゲント市はベルギーの首都ブリュッセルから
電車で30分くらいのところに位置しています。
打ち合わせは無事終了して明日帰国に向かいます。

ベルギーは今回初めてですが、なかなか新鮮です。
The ヨーロッパ!的な風景が多いのですが(写真参照)、
なかなか洗練されている雰囲気もあります。
食事もおいしいです(ただし量が。。。)
オランダ語を公用語とする地域なので、
住むにはオランダ語の勉強も必要と感じました。

仕事では、主に水生生物に対する化学物質の複合影響のことを議論しましたが、
みっちりとディスカッションができて、
充実した滞在となりました。
私が今やっている農薬の生態影響に関する研究も、
高く評価して頂いたので励みになりました。
ただ宿題もたくさん出てきたのでこれから大変です。。。

P1080077.JPG


posted by shimana7 at 04:42| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

リスク研究学会2013


日本リスク研究学会第26回年次大会が、
11月16-17日に、中央大学後楽園キャンパスで開催されます。

私の個人的興味により取り組んでいる、
「基準値の根拠を探る」シリーズの企画を行います。
内容は以下のとおりです。


企画セッション「知ってるようで知らない!?〜基準値の根拠を探る〜」

オーガナイザー:永井 孝志(農業環境技術研究所)
企画内容:
 様々なリスクは数多くの仮定と前提の下、最終的に基準値や指標値といった単一の数値に換算され、それに基づきリスク管理が行われる。世間では基準値を超えた・超えないの騒動が繰り返し起こるが、その基準値自体の根拠や導出過程についてはあまり関心がもたれていない。基準値の意味や導出根拠を知ることは、そのリスクにどのように向き合えぱよいかの重要なヒントになる。さらに、基準値は「科学的な評価」のみならず様々な社会経済的要素を含んだ形で決定される。そのため、「基準値の根拠を探る」ことは「世の中の意思決定の仕組みを探る」ことと同じ意味を持つ。本セッションでは、具体的な基準値の根拠を探ることの「事例研究としての面白さ」に焦点を当て、知ってるようで意外と知らない基準値の根拠を発表していただく。


食品安全に関わるリスクの受容レベルと食文化の関係
○永井孝志(農業環境技術研究所)

原発事故における避難と除染の基準の根拠
○村上道夫(東京大学生産技術研究所)

日米におけるPM2.5大気環境基準の根拠
○林 岳彦(国立環境研究所)

食品の賞味期限はどのように決まる?
○小野恭子(産業技術総合研究所)

posted by shimana7 at 22:20| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

インベントリー


農業環境技術研究所が発行している雑誌「インベントリー」に、
解説記事を書きました:
永井孝志 (2013) 農薬生態毒性データベースの構築とその活用
インベントリー, 11, 58-69
http://www.niaes.affrc.go.jp/inventory/annual/#no11


インベントリーとはそのままだと「目録」という意味ですが、
様々なデータベースなどの情報基盤を扱う分野です。

最近「情報基盤」という視点からの自分の研究の整理を進めているところで、
今年9月の日本環境毒性学会でも、
「情報基盤としての農薬インベントリーとその出口としての生態リスク評価」
というタイトルで発表したところです。

内容はというと、
永井孝志 (2012) 農薬生態毒性データベースの構築とその活用 〜種レベルと群集レベルの評価をつなぐ〜
「化学物質による環境中生物への影響評価−遺伝子から生態系まで−」第12回有機化学物質研究会資料 (独)農業環境技術研究所編 pp27-38
とほぼ同じ内容ですが、こちらは発表要旨という扱いなので、
改めて雑誌の記事として掲載していただきました。


ちなみに宣伝ですが、
来年二月にも農業環境技術研究所が主催で、
「インベントリー研究会」なるイベントを開催します。
テーマは「化学物質のリスク評価と情報基盤」となっており、
私も講演しますし、ほかにも面白そうな講演が控えています。

posted by shimana7 at 23:06| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

解決志向リスク評価の日本語論文


「リスク評価とリスク管理の位置づけを再構成する解決志向リスク評価」
と題した総説論文が日本リスク研究学会誌に受理されました。

これは、今年の6月に開催された日本リスク研究学会シンポジウム
で講演した内容をまとめたものです。

解決志向リスク評価については、
最近何度か紹介していますが、
(例えば↓)
http://shimana7.seesaa.net/article/301037999.html

Adam M Finkel氏によって提唱された
「Solution-Focused Risk Assessment」を訳したもので、
これを日本語で解説した文章は
おそらくこの論文が初めてと思われます。
(考え方自体は特段目新しいものではありませんが)

結構面白い文章に仕上がったと思います。
次号に掲載される予定ですが、
他のシンポジウム論文とも関連ある内容なので、
合わせて読むとさらに面白いかもしれません。

posted by shimana7 at 22:33| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

リスクの受容レベルについての議論


新しい記事が公表されました。

村上道夫、永井孝志 (2013)
微量化学物質の発がんリスクとその受容レベル
日本水環境学会誌, 36(9), 322-326
http://shimana7.web.fc2.com/research/PDF/g3-16.pdf
(PDFを公開しても良いということなので、公開します)

いつもの生態リスクではなく、発がんリスクをテーマにしたものです。
3.11以降をめぐる放射線のリスクの議論においては、
リスクの受容レベルというものを議論せざるを得ない状況になっています。
そもそも(表面上の)ゼロリスクを目指してきたこれまでとの矛盾とも
向き合わなければいけない時期に来ています。

この記事は、
発がん性のようなゼロリスクを認めることができない場合の
考え方についてまとめたものです。


関連して、最近行われたイベントに面白いものがありました:
公開シンポジウム「社会が受け入れられるリスクとは何か」
http://www.scj.go.jp/ja/event/130905.html

これはまさしくリスクの受容レベルについて正面から扱うという
チャレンジングなイベントです。

この中で、中西準子さんが
「しきい値なしモデルとリスク受容の課題」
というテーマで講演されています。
(スライドも公開されています)

非常に関連する内容なので、
ぜひセットでご覧頂けるとうれしいです。



以上の記事とイベントは、
発がん性について扱ったものですが、
じつは非発がん性ものについても同じ扱いが可能です。
というよりも、同じ扱いをしなければいけない時代に来ている、
と言った方が良いかもしれません。

これは、
NOAEL(No Observed Adverse Effect Level)

NOEC(No Observed Effect Conentration)
を無影響量、無影響濃度と(おそらく意図的に)誤訳してきた
ことがそろそろ通用しなくなる、ことを意味しています。
本当はこれらは無影響を意味しませんし、
特定の影響レベルを意味するものですらありません。

NOAELやNOEC以下だから無影響(ゼロリスク)なのだと
これまで説明し続けてきたことで、
リスクの受容レベルについての
(はっきり言って面倒くさい)議論を避けてきた
のが現状と言えるでしょう。

今後は発がんも、非発がんも同様にリスクの受容レベルについての
議論を本格的に行っていく必要が出てくると思います。


posted by shimana7 at 22:40| リスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

日本陸水学会論文賞


先週開催された日本陸水学会大会(@大津)に参加してきました。
生態リスクをやる土台として
河川や湖沼の生態学の基礎的なところも押さえておきたいので、
この学会はアオコ研究をやっていた時から続けています。

そんなこんなでこの学会が発行している英文誌「Limnology」の
編集委員などもやっているところです。
学会誌をめぐる状況は非常に大変なものなのですが。。。

水生生物の毒性や水中の化学物質のモニタリングなど、
生態リスクの各要素もカバーできるので
ぜひLimnology誌に投稿いただけると嬉しい次第です。
(インパクトファクターもついてます)



さて、今回の大会では、
以前Limnology誌に書いた論文が論文賞を受賞しました。

Nagai T, Tomioka N, Kawasaki T, Imai A, Matsushige K (2011)
In situ growth rate of Microcystis spp. and their growth limiting factors: An application of cellular RNA content.
Limnology, 12(3), 235-243
http://dx.doi.org/10.1007/s10201-010-0339-8

論文の内容は以前の記事で紹介しています。
http://shimana7.seesaa.net/article/170392638.html

その手法の生態リスクへの応用は以下の記事で書きました。
http://shimana7.seesaa.net/article/142513348.html


いつかこれを生態リスクでやってやろう、
と意気込んではや数年たってますが、
その計画は大分具現化してきています。

posted by shimana7 at 22:32| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする