2015年04月28日

EUにおける、種の感受性分布を用いた農薬の生態リスク評価


EUのリスク評価機関であるEFSAは、
農薬のリスク評価書を順次公表していますが、
その中で、2013年に殺虫剤の
クロラントラニリプロールの評価書が公開されています。
EFSA Journal 2013;11(6):3143
Conclusion on the peer review of the pesticide risk assessment of the
active substance [chlorantraniliprole].
http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/3143.htm

生態リスク評価では種の感受性分布(SSD)を使ったことが明示的に
書かれている珍しい例です。

無脊椎動物に対する毒性データが9種で得られているので、
SSD解析を行った結果、分布の5パーセンタイル値(HC5)が2.91μg/L
が得られ、それを不確実性係数5で割って0.58μg/Lが、
regulatory acceptable concentration (RAC) と計算されています。

EFSAはEuropean Food Safety Authority、
つまり食品安全に係わる組織ですが、
生態リスクも評価するし、ミツバチの評価もするのでエライと思います。
(日本の食安委も見習うべきですね)



ちなみにこのクロラントラニリプロールという殺虫剤は、
この5年くらいで使われるようになり、
ネオニコチノイド系農薬に代わって使われ出してきています。
新農薬と言うならせめてこういうのを言うべきですね。
もう20年以上も使われているネオニコチノイド系農薬を新農薬
とかいうのはいいかげんにやめて欲しいものです。



さらにちなみに基準値豆知識ですが、
クロラントラニリプロールの
日本における農薬登録保留基準は2.9μg/Lです。
http://www.env.go.jp/water/sui-kaitei/kijun/rv/k04_chlorantraniliprole.pdf

これは、
オオミジンコ 48hEC50 = 11.6 μg/L
ヌカエビ 96hLC50 = 680 μg/L
ユスリカ 48hLC50 = 85.9 μg/L
という節足動物の毒性試験結果から、
最小値である11.6を不確実性係数4で割って導出されたものです。
(節足動物で3生物種のデータが存在する場合、不確実係数は通常の10ではなく4を適用)


posted by shimana7 at 22:13| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

環境研究総合推進費


H23-H25までに取り組んだ環境省の環境研究総合推進費ですが、
今年度に最終評価を終え、その結果が公表されています。

平成26年度 事後評価 結果一覧表
http://www.env.go.jp/policy/kenkyu/suishin/kadai_hyouka/h26/post_valuation.html

5C-1102 適切なリスク管理対策の選択を可能にする農薬の定量的リスク評価法の開発 PDF [ 613 KB]
http://www.env.go.jp/policy/kenkyu/suishin/kadai_hyouka/h26/pdf/5C-1102.pdf

総合ではA+の評価を頂きました。
3年間メインの仕事で取り組んだので、
良い評価が得られて何よりです。



詳細な報告書については以下で読めます。

平成25年度 環境研究総合推進費 終了成果報告集
http://www.env.go.jp/policy/kenkyu/suishin/kadai/syuryo_report/h25/h25_suishin_report.html

5C-1102
適切なリスク管理対策の選択を可能にする農薬の定量的リスク評価法の開発
〈H23〜25年度〉 5,515 KB
http://www.env.go.jp/policy/kenkyu/suishin/kadai/syuryo_report/h25/pdf/5C-1102.pdf



最後のどうでもよいシリーズはそろそろ終わりにします。
ブリュッセルの巨大クリスマスツリー
P1010881.JPG


posted by shimana7 at 23:36| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

論文受理


ベルギー滞在も残りわずかとなりましたが、
最近論文が二本受理されました。

一つは、緑藻を用いた金属の複合毒性試験を行い、
モデルによる予測と比較した研究です。
Cd, Zn, Cuの複合毒性は
濃度加算モデルよりも独立影響モデルの方が合いますよ、
という内容です。

永井孝志、加茂将史
藻類に対する金属複合毒性のモデリング:Biotic Ligand Model, 濃度加算, 独立作用の比較
日本環境毒性学会誌


もう一つは、除草剤の種の感受性分布(SSD)の推定法についての論文です。
除草剤は藻類などの一次生産者に特異的に毒性が高く、
SSD解析の際には、一次生産者の毒性データが多数必要となります。
現実的にはそのようなデータが揃う剤はほとんど無く、
SSDを用いた生態リスク評価ができない状態でした。
そこで、どの除草剤でもデータが揃う緑藻の毒性値と
作用機作の情報からSSDを推定する手法を開発しました。
SSDの形状は作用機作によって特徴的なので、
そこそこの推定ができます。

Nagai Takashi, Taya Kiyoshi
Estimation of herbicide species sensitivity distribution using single-species toxicity data and information on the mode of action.
Environmental Toxicology and Chemistry
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/etc.2828/abstract


どうでもよいですが、写真はルーベン大学図書館
こんなところで勉強してみたいものですね。
P1010665.JPG
posted by shimana7 at 06:33| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

河川水中EDTA

厚生労働省から公開されている資料
「平成21年度未規制物質等の水道における存在実態調査委託報告書」
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/houkoku/suidou/101201-1.html

に、水道原水中のEDTAの分析値が掲載されているのに気がつきました。
いろいろな未規制物質の濃度を分析している内容ですが、
EDTAについては水道水を取水している主要河川23地点で分析され、
その内16地点で検出(定量下限0.5μg/L)、
検出濃度は0.9-42μg/Lという結果でした。

水道原水ということで、
ある程度きれいな水の分布を表しているものと思われます。
つまり、実際の河川水中分布はもっと高いことが予想されます。

藻類の毒性試験でつかうOECD培地のEDTA濃度は
100μg/L(Na2EDTA・2H2Oとして)ですから、
それに匹敵する濃度の地点は結構あるのではないでしょうか?

EDTAは金属と強力に結合する物質であり、
金属の毒性試験にはEDTAは使わない方がよいとされているところですが、
(金属の毒性が緩和されてしまうため)
ひょっとするとある程度入っていた方が
むしろ実態を反映しているのかもしれません。

それからBLMなどの金属の生物利用性を考慮するモデルにおいても
現時点で河川水中におけるEDTAの存在は考慮されていません。

私が以前書いた論文:
永井孝志, 恒見清孝, 川本朱美 (2007)
河川水中における重金属類のスペシエーション:Diffusive Gradients in Thin-films法による分析と化学平衡モデルによる推定
陸水学雑誌, 68(3), 391-401
においても、
DGTで測定した生物利用可能(と想定される)濃度は、
河川水中のEDTAの存在を考慮することで
うまく説明できることを示しています。

そろそろ本気でEDTAの存在を組み込んだBLMの開発
をするべき時かなあと思っています。
あとEDTAの濃度分布のモニタリングデータも必要ですね。



最後にどうでも良いですが、愛の湖公園(ブルージュ)P1000643.JPG
posted by shimana7 at 04:59| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

RExcelのライセンス


先月公開した藻類の毒性試験マニュアル:
http://www.niaes.affrc.go.jp/techdoc/algae/
では、RExcelを使った統計解析について解説してあります。

マニュアルを読んだ方からご指摘頂いたのですが、
以前はRExcelの無償利用に制限が無かったのが、
いつの間にか商用利用は有償に変わっていたようです。
http://www.statconn.com/products.html
(5万円くらいかかる)
まあSPSSとかに比べたらこれでもかなり安いのですが。
とりあえず注意書きを加えておきました。


「ExcelでR自由自在」の本
http://www.amazon.co.jp/Excel%E3%81%A7R%E8%87%AA%E7%94%B1%E8%87%AA%E5%9C%A8-R-M-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC/dp/4621061550
では、無償利用に制限は無いと書かれているので、
それをそのまま信じていたところですが、
ポリシーが変わってしまったようです。


これでだいぶ使いにくくなってしまいましたね。
タダで使える他のやり方を考えようと思いますが、
マニュアルの更新はすぐにはできなさそうなので
かなり後になりそうです。

オープンソースで揃えるなら「RStudio」か「ROOo」
がよいかなあと思っているところです。
(どちらも試してませんけど。。。)

posted by shimana7 at 22:45| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

藻類マニュアルの公開


今年度あと少しで終了する環境研究総合推進費の課題での成果として、
「河川付着藻類を用いた農薬の毒性試験マニュアル」
が公開されました。
http://www.niaes.affrc.go.jp/techdoc/algae/index.html

これまで、農薬による環境リスクの大きさを評価するために、
種の感受性分布(SSD)を用いて、多種類の毒性データを解析してきました。

除草剤の場合は植物に毒性が特異的に高いので、
藻類など一次生産者の毒性データを揃える必要があります。
そこで、SSD解析のための標準データセットを用意することにしました。
河川付着藻類群集を代表させる試験生物種として、
日本の河川生態系に幅広く分布し、
実際の種構成を反映するように付着藻類5種を選定しました。



また、従来の試験法はプランクトン性の藻類に適合したもので、
付着藻類への適用が困難でした。
そこで、新たに付着藻類向けの効率的な試験法を開発することにしました。
もちろん付着藻類だけでは無く現在標準的に用いられている
緑藻Pseudokirchneriella subcapitataにも
効率的な試験法として使えます。

この新たな試験法の詳細について、
わかりやすいマニュアルを作成して公開しました。
希望者には印刷物も配布しています。
貰って嬉しいものにすべく見栄えにも多少気を遣いました。



特徴としては、単なる試験マニュアルに留まらないことです。

濃度反応関係の統計解析のためのソフトとしてRExcelを活用し、
そのための計算ファイルをダウンロードして活用できるようにしました。
当然従来の試験結果の解析にも使って頂けます。

さらに、5種の藻類の毒性試験結果から、
SSDを解析するためのExcelファイルもダウンロードできます。

ついでなので色々なデータも付録に載せてみました。

このような論文以外の目に見える成果も
今後は出していきたいですね。

posted by shimana7 at 22:26| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

実験画像の管理


論文に使う実験画像についての話題が最近結構出ていますが、
ほとんどが
・若手への倫理教育(なぜ若手だけ?)
・画像捏造のテクニックとその見分け方
みたいな話に終始していて、
そもそも実験画像をどのように管理するか?
という議論がほとんど出てこないことには違和感を持ちます。


先月某民間のラボを訪問した時のことですが、
実験結果としてのデジタル画像の扱いに関する話がでました。

大学や公的研究機関では、実験画像をどう管理するか?
みたいな話はあまり聞きませんが、
特にGLP試験では厳密な管理が求められます。

基本的にデジタル画像は改変可能であるので、
フィルムを使うことが原則である、というのです。



個人のサイトですが、
http://www.it-asso.com/gxp/notice.htm
GLP試験における、デジタルカメラの取扱いに関する記載があります。
以下引用
-----
GLP試験におけるデジタルカメラの使用は、2001年の第7回GLP研修会における Q&Aに見られるように、議論がありました。 その後、2007年の第13回GLP研修会において、 近年の技術革新を反映した見解が示されました。 以下に、両GLP研修会における当局の見解を紹介します。

第7回GLP研修会
デジタルカメラで撮影した画像データは、パソコンでの編集が可能であり、 しかも加工したかどうかを判別することが困難である。 ゆえに、生データと定義するのは現在のところ難しいと考える。 そのようなデータを最終報告書に使用することは避けるべきであり、 生データである普通のカメラで写したネガ又はポジから起こした写真を 使用していただきたい。

第13回GLP研修会
写真が使用される項目としては、病理関係、眼検査関係及び刺激試験関係と思われる。 多くの施設においては、これらの試験では所見用紙が生データと定義されており、 写真は参考資料の位置づけとされている。 したがって、デジタルカメラによって撮影される画像データも同様に、 参考資料という位置づけになるものと考えられる。 しかしながら、参考資料であっても、施設毎に、 デジタルカメラの使用目的や使用範囲を明確にし、 手順及び記録を充実させた上で、教育を適切に実施する必要がある。 すなわち、適切に教育された職員により、手順に従い実施された一連の操作履歴を残し、 プロセスの妥当性を示すこと等により、デジタルカメラ画像データの信頼性 (特に非改竄性)を保証しておく必要がある。
-----



ただし、時代的に考えて、
今後永遠にフィルムを使うというのはさすがに無理があるとも思えます。



独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
GLP適合性調査について
http://www.pmda.go.jp/operations/shonin/outline/shinrai/file/h25glp/glp06.pdf
に「デジタル画像を「生データ」として利用することについて」という記載があります。

以下引用
-----
デジタル画像を生データとする際の注意事項

・撮影画像の改ざん防止策がとられていること。

・法令で定められている期間、以下の対応がとられていること。@読み取り機器が動くこと。A保存媒体を読み取ることができること。Bデータを読み取れるソフトウエアが残っていること。

・当該データの撮影者、ファイル識別、撮影日時等、GLPが求めている生データとして要求される情報を何らかの方法で記録すること。

・バックアップを作成する場合は、その定義をSOPで明確にすること。

・コントラスト、拡大/縮小等のデータ加工を行う場合、その加工手順がSOPなどで明確化され、記録されていること。ただし、元の画像データは生データとして残すこと。
-----



つまり、適切な管理体制が取れない場合には
デジタル画像を使用せずにやはりフィルムを使うべきということになります。

と、ここで、「生データ」という表現がいくつか出てくるのに気付きます。
GLPなどに関わりのない研究者は
「生データ」とはなにか?
についてあまり深く考えたことがないかもしれません。
GLPではこの辺は結構面倒なんですね。



株式会社イーコンプライアンス
http://ecompliance.co.jp/merumaga/eCompliance_Tsushin_39.pdf
「電子生データの留意点」という項目があります。

以下引用
-----
“ 生データ” とは、実験室内のワークシート記録書、覚え書き、注意書き、またはその正確なコピーをいい、これは非臨床試験の原観察結果およびその業務についての成績であり、この試験の報告の再構成および評価のために必要である。生データの正確な転写( 例えば、そのまま転写され、日付をつけ、署名によって正確であると確認されたテープ) が用意された場合には、その正確なコピーまたは正確な転写を生データとしてもとの資料と置き換えることができる。生データは写真、マイクロフィルムまたはマイクロフィッシュ、コンピュータ記録、観集結果を口述した磁気記録および自動装置から記録されたデータでもさしつかえない。
----



画像の生データの適切な管理体制とはいったいどうすればよいのでしょうか?
先のラボ訪問の時に聞いた話では、
カメラがつながっているパソコンで実験画像を取り込んだ際に、
強制的にその画像が一元管理されたサーバに転送される仕組みになっており、
そのサーバで画像の生データは保存され、
実験者はその生データにはアクセスすることができない、
という仕組みがあるそうです。

これなら確かに実験者が画像を改変・捏造しても
生データは確実に残ってチェックが容易です。



研究結果として画像を出す場合には、
「見やすさの改善」のために、
いろいろ画像を処理・改変することは当然のようにあると思います。
論文などであればwebのみに掲載されるAppendixなどに
厳密に定義された「生データ」も掲載するとか、
いろいろな管理方法があるかもしれません。

GLPの精神とはプロセスチェック
(適切なプロセスで得られた試験結果は適切である)
であって、
ファイナルチェック(最終製品の検査)に依存しないという考え方です。
出版された論文の画像のチェック(捏造がないかどうか)
だけに頼るというのは、
全頭検査・全品検査一直線のロジックですね。


posted by shimana7 at 00:02| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

講演情報:農業環境インベントリー研究会


私にとっては今年度のラストイベントになるかと思いますが。。。

2014年2月27日
第4回 農業環境インベントリー研究会
農薬等化学物質のリスク評価を効率的に行うためのインベントリーの構築
http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/sympo/h25/20140227.html?0121

私の講演は一番最後で、
「農薬インベントリーを構成する様々なデータベースの構築と生態リスク評価への活用」
というタイトルで、農薬環境科学とデータサイエンスについて真面目に語ります。

データを整備して活用可能なツールを作ったりするところに
最近非常に興味を持っており、
当面のビジョンがだいぶ見えてきたところなので、
そこを明確に示したいところです。



なんとなんと同じ日の同時間帯、同じつくばにて
あの中西準子さんの講演が重なるという事態になっています。

産総研 中西 準子 フェローの瑞宝重光章 受章記念講演会
日時: 2014年2月27日 17:10〜18:10
場所: 産業技術総合研究所 つくばセンター中央 共用講堂
http://www.aist-riss.jp/main/modules/event/content0114.html

私の講演が終わるのが17:00位、
エポカルから産総研まで車で10分くらいなので、
そのあとで駆け込んでもなんとかなりますよ?!
posted by shimana7 at 22:48| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

謹賀新年


遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
新年早々ですが、私は今ベルギーに来ています。
ゲント大学の研究者との打ち合わせのためです。
ゲント市はベルギーの首都ブリュッセルから
電車で30分くらいのところに位置しています。
打ち合わせは無事終了して明日帰国に向かいます。

ベルギーは今回初めてですが、なかなか新鮮です。
The ヨーロッパ!的な風景が多いのですが(写真参照)、
なかなか洗練されている雰囲気もあります。
食事もおいしいです(ただし量が。。。)
オランダ語を公用語とする地域なので、
住むにはオランダ語の勉強も必要と感じました。

仕事では、主に水生生物に対する化学物質の複合影響のことを議論しましたが、
みっちりとディスカッションができて、
充実した滞在となりました。
私が今やっている農薬の生態影響に関する研究も、
高く評価して頂いたので励みになりました。
ただ宿題もたくさん出てきたのでこれから大変です。。。

P1080077.JPG


posted by shimana7 at 04:42| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

リスク研究学会2013


日本リスク研究学会第26回年次大会が、
11月16-17日に、中央大学後楽園キャンパスで開催されます。

私の個人的興味により取り組んでいる、
「基準値の根拠を探る」シリーズの企画を行います。
内容は以下のとおりです。


企画セッション「知ってるようで知らない!?〜基準値の根拠を探る〜」

オーガナイザー:永井 孝志(農業環境技術研究所)
企画内容:
 様々なリスクは数多くの仮定と前提の下、最終的に基準値や指標値といった単一の数値に換算され、それに基づきリスク管理が行われる。世間では基準値を超えた・超えないの騒動が繰り返し起こるが、その基準値自体の根拠や導出過程についてはあまり関心がもたれていない。基準値の意味や導出根拠を知ることは、そのリスクにどのように向き合えぱよいかの重要なヒントになる。さらに、基準値は「科学的な評価」のみならず様々な社会経済的要素を含んだ形で決定される。そのため、「基準値の根拠を探る」ことは「世の中の意思決定の仕組みを探る」ことと同じ意味を持つ。本セッションでは、具体的な基準値の根拠を探ることの「事例研究としての面白さ」に焦点を当て、知ってるようで意外と知らない基準値の根拠を発表していただく。


食品安全に関わるリスクの受容レベルと食文化の関係
○永井孝志(農業環境技術研究所)

原発事故における避難と除染の基準の根拠
○村上道夫(東京大学生産技術研究所)

日米におけるPM2.5大気環境基準の根拠
○林 岳彦(国立環境研究所)

食品の賞味期限はどのように決まる?
○小野恭子(産業技術総合研究所)

posted by shimana7 at 22:20| 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする