2013年09月01日

水産分野での生態リスク


今回は文献の紹介です。

眞道幸司 (2013)
水域における化学物質の生態影響リスク推定の現状と水産環境保全に向けた課題
海生研研報,第16号,29−50,2013
http://www.kaiseiken.or.jp/publish/reports/lib/2013_16_03.pdf

良くいろいろ調べてまとめているなあ、と思います。
水産の分野でも生態リスク評価が動き出しているのでしょうか。
海産の試験生物種などは興味深いところです。


種の感受性分布にも若干の記述がありますが、
OECDや米国で「導入が検討されている」、
とか
HC5とPECを比較するリスク評価手法が実用化「されつつある」、
とかいう表現になっているのが気にかかるところです。

米国ではすでに30年近くにわたって運用されていますし、
EUやオーストラリアなどの水質基準は
すでに多くの物質で種の感受性分布から決められています。


とは言いつつも、なかなかこのような日本語の総説はないので、
重要な日本語総説となるのではないかと思います。


posted by shimana7 at 21:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする