2009年05月25日

続・インフル

インフル対策がかなり方向転換をして、
季節性と同様の扱い方に動いたのはとても良かったです。

あとはマスクの習慣をやめて欲しいです。
ウイルスの粒子の吸い込みを
花粉のようにマスクで防ぐことは難しいでしょう。
大気中の微粒子の環境動態を研究した経験から考えると、
ウイルスのような大きさ1μm以下の粒子は
マスクと顔の間にほんの少しでも隙間があればそこから侵入し、
マスクの外と中の濃度はあまり変化が無くなると思います。
花粉のような大きさ10μm以上の粒子とは
そのあたりの隙間からの侵入しやすさが全く異なるのです。

顔につばがかかるくらいの至近距離で、
直接顔に向かって咳やくしゃみをされる、
くらいの状況でしかマスクの予防効果は期待できないでしょう。

インフルに関しては事実関係と考え方についての以下の二つのサイトを見れば十分だと思います。

事実関係はココ
http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/index.html

考え方は以下のブログ
http://www.kimuramoriyo.com/25-swine_influenza/

以下いくつか抜粋
----
インフルエンザにかかってもいない人がマスクをするのも日本人だけですが、マスクがインフルエンザ感染を予防したというエビデンスはありません。
----
----
患者が出た学校の校長先生が「マスクをさせていればこんなことにはならなかったかも」と言っていましたが、校長先生そんなことを考える必要はありません。校長先生の後悔は「もし息をしていなかったらカゼにはかからなかったはず」と嘆くくらいの杞憂です。
----
----
発熱外来をおかない医療機関に対して発熱した患者を拒否してはいけないという事務連絡が出ました。

http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/090506-02.html

厚労省から地方自治体への「事務連絡」は事務連絡ではなく、事実上の「命令」です。

 医療機関には抗がん剤を使っている患者さんもいます。白血病の治療をして免疫機能が低下している子供もいます。入院患者ばかりでなく外来にもこうした弱い人たちが訪れます。

 今回の命令は、そのような人たちがいても新型インフルエンザ疑いの患者を断るな、ということです。発熱外来とは新型インフルエンザとそれ以外の人たちを区別すべく作られているものですが、敷地の問題、マンパワーの問題あるいは予算の問題から多くの医療機関は、発熱外来を作れずにいるのです。

 今回の厚労省通知は、体の弱い人や免疫が低い人が新型インフルエンザに感染して命を落とすこともいとわないと言っていると同じ事です。実際アメリカでは呼吸器に持病を持つ人が新型インフルエンザで命を落としています。
----
----
 うがい手洗いは有効です。そして何よりウイルスにかからないような健康な状態を保つことが一番大切なのです。
----
posted by shimana7 at 01:17| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする